• Home

顧問弁護士がいた方が良い理由

どの企業も出来れば顧問弁護士を置いておいた方が良いと言われています。
顧問弁護士を置いていると見栄えが良いのも事実ですが、それだけではありません。
そのような外面の印象だけではなく、実際に顧問弁護士を置いておいた方がメリットが多々あります。

顧問弁護士を置いておくという事は、企業に法的見地を与えているという事でもあります。
法律はとても難しいものです。
我々の日常生活の中で常識と思っている事も、実は法的見地から見ると実際にはアウト。

そのような事とて珍しくないのです。
企業であればそのような事があっては死活問題になりかねません。
企業にとって、イメージはとても大切です。

弁護士

知らず知らずのうちに法律を破っていたとなればイメージの悪化は免れません。
ですが顧問弁護士がいれば、何がアウトで何がセーフなのかを法的見地からしっかりとレクチャーしてくれるのです。
この点がとても大きなメリットです。

弁護士への相談は大阪の「咲くやこの花法律事務所」[法人様向け]

決して「そうなのではないか」といった仮定ではなく、法的見地に基く意見ですので間違いはありません。
また、顧問弁護士がいれば法律の遵守だけではなく、何かトラブルがあった時にも役立つものです。
会社は一つや二つではありません。

特に同業他社ともなると、いろいろなしがらみが出てきますので、時に骨肉の争いを演じる事になってしまうケースもあるのです。
身に憶えが無い事であるにも関わらず難癖を付けられる。
そのようなケースすらあるのです。

ですが、顧問弁護士がいればそれが「難癖」なのか、あるいは本当に法律に違反している事なのかを理解する事が出来るのです。
つまりは自衛手段の一つにもなってくれるのです。
この点だけでも顧問弁護士を置くメリットがあると言われています。

法律を理解していなければ、難癖に対して屈してしまう可能性もあります。
ですが法律をしっかりと理解しておけば、それが素っ頓狂な難癖なのか、あるいは本当に自分たちのミスなのかが解るのですから。

専門書の買取は古本屋で

学生時代に勉強していた専門書が、大量にあるといった人もいるのではないでしょうか?自宅に眠っている専門書は学生時代は活用しても、卒業後はさっぱり使わないといった人も少なくありません。
実際に学校で勉強しているときは、よく使っていても社会人になるとそうしたテキストは不要といった話がほとんどです。

専門書についてはその分野に特化した内容のため、必要な人には必須ですが、そうではない人にとってただの荷物でしかないのです。
親から言われて処分を検討している人もいることでしょう。

専門書ですが、実はけっこう高値で売れることをご存知でしょうか?
捨てるつもりなら、まずは古本屋の専門書買取に持っていってみてはどうでしょうか?

専門書アカデミーさんがおすすめです。

また自分の通っていた学校の近くの古本屋に行くのもおすすめです。
自分の通っていた近くの学校であれば、その専門の学生も多いと思うので、買取についてもスムーズなことが予想されます。

書籍についてはなるべくなら高値で売りたいところですよね。
それであれば余計、専門に取り扱っている書店を検索してみるのが良いでしょう。
そうしたところは、専門書についても高値で買取ってくれる可能性が高いです。

このように古本屋でもさまざまな種類や傾向があるので、あらかじめリサーチしてみるのが良いでしょう。
古本屋には価格の相場が設定されていることがほとんどです。
価格の相場にあった形で、少しでも高値で売れればそれはまたラッキーと言えます。

そうした労力が面倒といった人もいることでしょう。
しかしこれらをやっておくと、良いお小遣い稼ぎになる場合もあります。
大学のレポートで必要な書籍については、学校から指定されていることも多いため、そうしたことも踏まえて売りさばく手配をしたほうが良いでしょう。

きちんとしたルートで売りさばけば、けっこう良いお小遣い稼ぎになることもあります。
これはまたラッキーですよね。
この機会に古い専門書については、処分を検討してみるのもおすすめです。

マグロは赤身が一番美味しい!

昨日、知り合いと居酒屋に行ったんですが、そこの居酒屋、大阪の南森町にあるお寿司屋さんでした。

8月半ばにオープンしたばかりの店で、知り合いの友達が店を開いたらしく、一度僕をそこに連れていきたいとのことで、会社からタクシーでワンメーターぐらいのところで待ち合わせして、地下に降りていくそのお寿司屋さんへ一緒に行きました。

地下って点でまず集客的にどうなのかなーと思ったんですが、店内は比較的賑わっており、店長もそれなりの努力はしているんだなと思いました。

そこのお寿司屋さん、知り合い曰く「お造りのネタが大きくて新鮮なんですよ」とのことで、私のお造りは大好きなので非常に楽しみにしていたんですが、いざ注文してみるとマグロの美味しさにビックリしたんですよね。

中トロも美味しかったんですが、何より赤身の脂の乗りがよく、このマグロ、どこから仕入れてるんだろ?と思ったものです。

大阪の南森町といえば天満と並んで「食の台所」と言われており、昔天満市場などもあって、食材の新鮮さは私も昔から知っていたんですが、本当に美味しいマグロなのでビックリしたんですよ。

店長に「このマグロ、本当に美味しいですね!どこで仕入れてるんですか?」と聞いてみると、大阪のとある市場で仕入れてるとのことで、市場の名前を聞いても知らなくて、そんな市場があるんだなーと思ったものです。

で、そこの店長、自身でもマグロが大好きらしく、プライベートでもインターネットのマグロ通販サイトで自分で食べる用にマグロを購入しているみたいですよ。

私もマグロは大好きだったんで、店長に聞いてみたところ、最近オープンしたマグロ専門店 匠というところで通販しているみたいです。

サイトを見てもらったら分かると思いますが、専門店だけあっていろんな部位の新鮮なマグロが自宅で手軽に食べれるんですよね。

これは私も今度使ってみようと思ってます。

そうそう、マグロと言えば中トロや大トロが好きって人、多いと思いますが、本当に美味しいマグロは赤身ですよ(笑)

赤身が美味しいマグロは本物のマグロです。