• Home

顧問弁護士がいた方が良い理由

どの企業も出来れば顧問弁護士を置いておいた方が良いと言われています。
顧問弁護士を置いていると見栄えが良いのも事実ですが、それだけではありません。
そのような外面の印象だけではなく、実際に顧問弁護士を置いておいた方がメリットが多々あります。

顧問弁護士を置いておくという事は、企業に法的見地を与えているという事でもあります。
法律はとても難しいものです。
我々の日常生活の中で常識と思っている事も、実は法的見地から見ると実際にはアウト。

そのような事とて珍しくないのです。
企業であればそのような事があっては死活問題になりかねません。
企業にとって、イメージはとても大切です。

弁護士

知らず知らずのうちに法律を破っていたとなればイメージの悪化は免れません。
ですが顧問弁護士がいれば、何がアウトで何がセーフなのかを法的見地からしっかりとレクチャーしてくれるのです。
この点がとても大きなメリットです。

弁護士への相談は大阪の「咲くやこの花法律事務所」[法人様向け]

決して「そうなのではないか」といった仮定ではなく、法的見地に基く意見ですので間違いはありません。
また、顧問弁護士がいれば法律の遵守だけではなく、何かトラブルがあった時にも役立つものです。
会社は一つや二つではありません。

特に同業他社ともなると、いろいろなしがらみが出てきますので、時に骨肉の争いを演じる事になってしまうケースもあるのです。
身に憶えが無い事であるにも関わらず難癖を付けられる。
そのようなケースすらあるのです。

ですが、顧問弁護士がいればそれが「難癖」なのか、あるいは本当に法律に違反している事なのかを理解する事が出来るのです。
つまりは自衛手段の一つにもなってくれるのです。
この点だけでも顧問弁護士を置くメリットがあると言われています。

法律を理解していなければ、難癖に対して屈してしまう可能性もあります。
ですが法律をしっかりと理解しておけば、それが素っ頓狂な難癖なのか、あるいは本当に自分たちのミスなのかが解るのですから。

ミステリーショッパーの特徴

ミステリーショッパーは必ずと言って良いほど、コンビニなどのポイントカードを持っています。
なぜならば、コンビニのレジスタッフがしっかりとポイントカードの有無をお客さんに確認しているか…ということをチェックするためです。

そのポイントカードをレジにとおすと、来店の頻度数によって☆マークがレジ画面にあらわれますが、ミステリーショッパーが所持しているポイントカードはスキャンしても☆マークはあらわれません。

そして、一般的なお客さんはレジでポイントカードを提示する場合には、財布の中から探して出すのに少し時間を要しますが、ミステリーショッパーは、会計時にポイントカードをすぐに提示するのも特徴としてあげられます。

また、レジではほとんどの場合、チキンやアメリカンドック、中華まんなどのホットスナックを注文するはずです。
それらを注文した時の視線に注目…!ミステリーショッパーは、まずホッターの近くにアルコールスプレーがあるかどうかを確認します。

一般的なお客さんの場合は、あまりそのようなことは気にしないでしょう。
だいたいお会計に合わせて小銭を確認していたりすることが多いと思います。
ミステリーショッパーはスタッフがホットスナックをとる際にアルコール消毒ができているかのチェックをするのです。

その他には、ミステリーショッパーは、店内を見て回っている感じが一般的なお客さんと雰囲気が少し異なります。
店内の様子をくまなく見ていたり、スタッフの様子をうかがったり、トイレを使用したり、比較的問い合わせが多かったり…

それに、調査内容を忘れないように、メモをとっていることも多いでしょう。
携帯やスマートフォンを頻繁にさわっている方もミステリーショッパーである可能性が高いです。

このようにミステリーショッパーには、まだまだいくつかの特徴がありますが、やはり、プロフェッショナルに仕事をしようと思うなら、ミステリーショッパーとして仕事をしていることをまわりに気づかれないようにしなければいけません。

万が一ミステリーショッパーであることを気付かれた場合は、もらえるはずだった報酬が一切もらえない…なんてことにもなりかねないので、ショップ内での立ち振る舞いには、十分に注意していることでしょう。

例えば、気付かれないようにする対策として、調査した内容の記録には、ICレコーダーを使ったりしている調査員も多いでしょう。
ミステリーショッパーは、ショップ内で調査しているといった雰囲気をまわりに感じさせないように、いろいろな工夫をしていかなければつとまらないのです。

Mycommentとは

「大手」の安心感

「大手」と呼ばれている所はやはり安心感が違います。
なぜなら、大手と呼ばれているのは理由があるからです。
決して営業年数が長いだけだったり、ただ単にネームバリューがあるだけではないのです。

大手と呼ばれているのは、大きな信頼を得ているからでもありますが、ではなぜ大きな信頼を集めているのかと言えば、それまでに得たものが多々あるからです。
だからこそ「大手」と呼ばれている所には安心感があるのです。

例えばスーパーやコンビニなども、大手と呼ばれている所には安心感があります。
「得体の知れないものではないだろう」との思いから、同じような品揃えであれば、よほどの事が無い限り、基本的には大手と呼ばれている所を使うはずです。

特に食品に関しては健康に関わる部分なのですから、こだわりが出るのも当たり前と言えば当たり前の話です。
大手であれば責任の所在もはっきりしていますから、もしもの時があっても安心出来ます。

引越でも同様です。
引越も様々な業者が登場していますが、サカイ引越センターのような大手の方が良いと思っている人はとても多いと言われています。

引っ越しのサカイ

引越の場合、自分の大切な家具等を運搬してもらうのですから、大手と呼ばれている業者の方が良いと考えるのは当たり前と言えば当たり前です。

料金にこだわったがために、大切な食器棚が傷つけられたりですとか、新居の床に穴が開いたといった事では意味がありません。
サカイ引越センターのような大手であればそのような事はそうそう起きるものではありません。

訓練されたスタッフが大切に、そして慎重に引越作業を行ってくれます。
そのため、引越業界ではサカイ引越センターがとても高い人気を集めているのです。

引っ越しのサカイの単身パック料金、相場に関して

「大手は胡坐をかいている」とする声もありますが、実際には大手ほど顧客の事を考えてくれている業者はありません。
顧客が何を求めているのかをしっかりと踏まえた上で、最上級の満足感を与えてくれるのです。この点がとても大きな違いとも言われています。

安心感、品質。
これらを備えているからこそ「大手」と呼ばれていると言っても過言ではありませんよね。
それでいて昨今の市場競争のおかげでどのようなジャンルであっても低料金化が進んでいるのです。

依頼しなければ勿体無いと言っても過言では無い話です。
サカイ引越センターに限らず、大手の独り勝ちとなっているような業界もありますが、それもある意味では当たり前なのかもしれません。