• Home

顧問弁護士がいた方が良い理由

どの企業も出来れば顧問弁護士を置いておいた方が良いと言われています。
顧問弁護士を置いていると見栄えが良いのも事実ですが、それだけではありません。
そのような外面の印象だけではなく、実際に顧問弁護士を置いておいた方がメリットが多々あります。

顧問弁護士を置いておくという事は、企業に法的見地を与えているという事でもあります。
法律はとても難しいものです。
我々の日常生活の中で常識と思っている事も、実は法的見地から見ると実際にはアウト。

そのような事とて珍しくないのです。
企業であればそのような事があっては死活問題になりかねません。
企業にとって、イメージはとても大切です。

弁護士

知らず知らずのうちに法律を破っていたとなればイメージの悪化は免れません。
ですが顧問弁護士がいれば、何がアウトで何がセーフなのかを法的見地からしっかりとレクチャーしてくれるのです。
この点がとても大きなメリットです。

弁護士への相談は大阪の「咲くやこの花法律事務所」[法人様向け]

決して「そうなのではないか」といった仮定ではなく、法的見地に基く意見ですので間違いはありません。
また、顧問弁護士がいれば法律の遵守だけではなく、何かトラブルがあった時にも役立つものです。
会社は一つや二つではありません。

特に同業他社ともなると、いろいろなしがらみが出てきますので、時に骨肉の争いを演じる事になってしまうケースもあるのです。
身に憶えが無い事であるにも関わらず難癖を付けられる。
そのようなケースすらあるのです。

ですが、顧問弁護士がいればそれが「難癖」なのか、あるいは本当に法律に違反している事なのかを理解する事が出来るのです。
つまりは自衛手段の一つにもなってくれるのです。
この点だけでも顧問弁護士を置くメリットがあると言われています。

法律を理解していなければ、難癖に対して屈してしまう可能性もあります。
ですが法律をしっかりと理解しておけば、それが素っ頓狂な難癖なのか、あるいは本当に自分たちのミスなのかが解るのですから。

 

秘書検定合格ガイド~メリットや勉強方法など~
秘書検定の資格の受験資格などの基礎知識

頼むならプロ家庭教師に!

家庭教師というものは昔からずっとある一つの学習方法です。
学校の勉強の予習・復習などから学習能力全般の強化を目的とし、また特に受験に向けての学習強化というのが最も大きな目的としている人が多いでしょう。

通常の学習能力向上を目的とする程度であれば、それこそまわりの知り合いや大学生アルバイトなどの家庭教師という選択もよしとしますが、実際に受験などの明確な目標が設定されている場合は、単に学習能力や成績向上とは学習方法などが微妙に違ってきます。

学校の勉強と受験勉強というものに違いがあることをまず知っておくべきです。
受験用というと、そのためだけに勉強するようなネガティブなイメージをもたれることもありますが、勉強そのものにかわりはなく、より目標校に近づく為に、やはり傾向や対策、また心構えといった勉強以外のこともより多く情報として知る必要があるのは確かです。

そのような情報や最新の傾向などを知るには、やはりプロ家庭教師に依頼するのが良いと思われます。
実績や傾向、情報や心構え、そのような実際の学力向上以外の部分のサポート力に関してはやはりプロにはかないません。

受験にとって、情報を知っているかいないかで、勉強したことをいかせるかいかせないかがかかってくるといっても過言でないくらい軽視できない重要事項です。

受験という一つの目標にむかって取り組むのであれば、やはり情報と学力の両面からサポートしてくれるプロの家庭教師をおススメします。

プロ家庭教師を育てる会社

家庭教師を雇うとしたら、プロ家庭教師がいいと思うことでしょう。
プロ意識が高く、きちんと教えられる人ではないと困るからです。
勉強を教えてもらえるのなら誰でもいいというわけにはいかないと思います。

最近ではプロ家庭教師を育てる専門の会社が増えてきているそうです。
有名なところもいくつかありますし、テレビCMや雑誌などでバンバン宣伝している会社もあります。
いくつかの会社を知っている人も多いことでしょう。

プロ家庭教師を育てる会社では、その家庭教師が自信を持って各家庭に派遣できるような育成を行っています。
勉強ができるだけでは家庭教師の仕事は務まりません。
各家庭に出向いて生徒と一対一で接することになるため、他人とのコミュニケーション能力も必須となってきます。

また、その家庭の親御さんから信頼されるような人間でなくてはなりません。
もちろん、生徒からも厚い信頼を受けられるようなプロ家庭教師を育成する必要があります。

プロ家庭教師になりたいと思っている人は、まず、家庭教師を募集している会社に登録することになります。
登録するにしても、いくつかの条件があるため、誰でも登録できるわけではありません。

例えば、四大卒などの学歴を持っていることは必須条件となっていることが多いものです。
こういった条件をクリアし、見事登録することができてから、実際に家庭教師として務まるどうかどうか、育成されていくことになるわけです。

プロ家庭教師となるには、相当、苦労することもあると思います。

 

私がおすすめする家庭教師は兵庫県の山本先生です。プロ家庭教師としての実績も十分で、その人柄もおすすめできる大きな要因ですね。
過去の実績はこちら

タイムカードの大切さ

タイムカードは働く人にとって、どんな存在でしょうか。
例えば、コンビニや飲食店などでアルバイトをしている人であれば、タイムカードを押して勤務を始めるというのが当たり前ですね。

また、多くの企業でもタイムカードは勤怠管理に利用されています。
しかし、外出が多い営業マンや現場職の人たちの中には、タイムカードなんて面倒なだけのもの、というイメージがある人もいるのではないでしょうか。

しかし、タイムカードをきちんと打刻するということは、自分の給与や将来のためにも、必要なことなんです。
そんなことを言っても、そもそも残業代も出ないし、どうでもいい、という人もいるかもしれません。

しかし、そういう場合でも、タイムカードで勤怠管理をしている企業であれば、タイムカードを打刻するという行為は、その日確かに働きました、という証拠になるのです。

将来的に、万が一企業が給料を正しくはらわなかった場合、タイムカードに打刻があれば、働いているのに給料が支払われていない、という証拠になりますね。

しかし、タイムカードになんの打刻もなければ、企業側が「働いていないので給料も支払っていません」という主張をした場合、反論するための証拠がなくなってしまうのです。

もちろん残業代がつく場合も同じで、残業をした場合にきちんとタイムカードを押しておけば、実際の支給額がおかしかった時には、証拠としてそのタイムカードを提示することができます。

しかし、本当に悪質な雇用者の場合、タイムカードを故意に破棄してしまうことなどもありますから、不安であったり何かトラブルに巻き込まれそうだな、と思った場合は、あらかじめコピーを取っておくなどすると良いでしょう。
(タイムカードを導入していない会社の場合だと、別の方法できちんと働いていた証拠を残しておきたいですね)

もちろん、そんなことにはならない場合がほとんどですが、世の中なにが起こるかわかりません。
できる自衛はしておくに越したことはないのです。

タイムカードを正しく打刻することは、企業が正しい勤怠管理をして給与を支給するためにも、労働者が正しく自分の労働に対する対価を得るためにも、とても大切なことなんですね。

 

ニュース速報
タイムレコーダー おすすめ
タイムカードもスマホの時代かー。 『GPS Punch』でスマート出退勤&スマート定時連絡

海外で働くことによる付加価値

・景気上向き?

格差も指摘されており一概には言えないのですが、それでも景気は上向きと言われています。
都内ではアルバイトでも1200円、1300円と高額な求人を目にすることができます。

月150時間を時給1200円で働いたとすると、150×1200=180000円となるわけですから新卒正社員にそれほど引けを取りません。
ただこれほどまでに時給が上がったのに、なかなか人が集まらない所もあるようです。
お金以外の付加価値を求める、そのような労働者が増えてきたということでしょうか?

・労働の付加価値とは

労働の目的は、なんだかんだ言っても一番はお金だと思います。
人はお金無くしては生きていけません。
しかしある程度の水準を満たすと、とりあえず生活をすることはできますよね。

月10万円ちょっとでも単身なら生活可能でしょう。
あまり金銭的な欲がなく、最低限の水準を満たせればいいという場合は、その労働の付加価値で職場を決めることになるのではないでしょうか。
たとえば他よりも仕事が楽、友人ができる、好きな仕事である、スキルが身に付く、やりがいがある・・・。
こういった要素です。

・海外労働の付加価値とは?

求人を見てみると、日本だけではなくカンボジアなど外国の求人も見つかります。
例えばカンボジアの場合、日本のアルバイトよりも給料が安い求人が多いのですが現地の物価なら十分生活が可能です。
そして海外で働くこということは、日本で働くよりも独特の付加価値を見出すことができます。

カンボジアの文化を学べたり、言語が身に付いたり、現地の友人ができたり・・・。
きっとそこで得られる経験は、何物にも変えがたいものとなるでしょう。
グローバル化もあってか、カンボジアなど海外の求人は日増しに増えてるように思います。

お金は生活ができる分あればいい、それ以上にやりがいを見出したい・・・。
そのような方は、海外で働くことを検討してみるのもいいのかもしれませんね。

 

参照:カンボジア人 人材紹介 情報

専門書の買取は古本屋で

学生時代に勉強していた専門書が、大量にあるといった人もいるのではないでしょうか?自宅に眠っている専門書は学生時代は活用しても、卒業後はさっぱり使わないといった人も少なくありません。
実際に学校で勉強しているときは、よく使っていても社会人になるとそうしたテキストは不要といった話がほとんどです。

専門書についてはその分野に特化した内容のため、必要な人には必須ですが、そうではない人にとってただの荷物でしかないのです。
親から言われて処分を検討している人もいることでしょう。

専門書ですが、実はけっこう高値で売れることをご存知でしょうか?
捨てるつもりなら、まずは古本屋の専門書買取に持っていってみてはどうでしょうか?

専門書アカデミーさんがおすすめです。

また自分の通っていた学校の近くの古本屋に行くのもおすすめです。
自分の通っていた近くの学校であれば、その専門の学生も多いと思うので、買取についてもスムーズなことが予想されます。

書籍についてはなるべくなら高値で売りたいところですよね。
それであれば余計、専門に取り扱っている書店を検索してみるのが良いでしょう。
そうしたところは、専門書についても高値で買取ってくれる可能性が高いです。

このように古本屋でもさまざまな種類や傾向があるので、あらかじめリサーチしてみるのが良いでしょう。
古本屋には価格の相場が設定されていることがほとんどです。
価格の相場にあった形で、少しでも高値で売れればそれはまたラッキーと言えます。

そうした労力が面倒といった人もいることでしょう。
しかしこれらをやっておくと、良いお小遣い稼ぎになる場合もあります。
大学のレポートで必要な書籍については、学校から指定されていることも多いため、そうしたことも踏まえて売りさばく手配をしたほうが良いでしょう。

きちんとしたルートで売りさばけば、けっこう良いお小遣い稼ぎになることもあります。
これはまたラッキーですよね。
この機会に古い専門書については、処分を検討してみるのもおすすめです。