• Home

顧問弁護士がいた方が良い理由

どの企業も出来れば顧問弁護士を置いておいた方が良いと言われています。
顧問弁護士を置いていると見栄えが良いのも事実ですが、それだけではありません。
そのような外面の印象だけではなく、実際に顧問弁護士を置いておいた方がメリットが多々あります。

顧問弁護士を置いておくという事は、企業に法的見地を与えているという事でもあります。
法律はとても難しいものです。
我々の日常生活の中で常識と思っている事も、実は法的見地から見ると実際にはアウト。

そのような事とて珍しくないのです。
企業であればそのような事があっては死活問題になりかねません。
企業にとって、イメージはとても大切です。

弁護士

知らず知らずのうちに法律を破っていたとなればイメージの悪化は免れません。
ですが顧問弁護士がいれば、何がアウトで何がセーフなのかを法的見地からしっかりとレクチャーしてくれるのです。
この点がとても大きなメリットです。

弁護士への相談は大阪の「咲くやこの花法律事務所」[法人様向け]

決して「そうなのではないか」といった仮定ではなく、法的見地に基く意見ですので間違いはありません。
また、顧問弁護士がいれば法律の遵守だけではなく、何かトラブルがあった時にも役立つものです。
会社は一つや二つではありません。

特に同業他社ともなると、いろいろなしがらみが出てきますので、時に骨肉の争いを演じる事になってしまうケースもあるのです。
身に憶えが無い事であるにも関わらず難癖を付けられる。
そのようなケースすらあるのです。

ですが、顧問弁護士がいればそれが「難癖」なのか、あるいは本当に法律に違反している事なのかを理解する事が出来るのです。
つまりは自衛手段の一つにもなってくれるのです。
この点だけでも顧問弁護士を置くメリットがあると言われています。

法律を理解していなければ、難癖に対して屈してしまう可能性もあります。
ですが法律をしっかりと理解しておけば、それが素っ頓狂な難癖なのか、あるいは本当に自分たちのミスなのかが解るのですから。

タイムカードの大切さ

タイムカードは働く人にとって、どんな存在でしょうか。
例えば、コンビニや飲食店などでアルバイトをしている人であれば、タイムカードを押して勤務を始めるというのが当たり前ですね。

また、多くの企業でもタイムカードは勤怠管理に利用されています。
しかし、外出が多い営業マンや現場職の人たちの中には、タイムカードなんて面倒なだけのもの、というイメージがある人もいるのではないでしょうか。

しかし、タイムカードをきちんと打刻するということは、自分の給与や将来のためにも、必要なことなんです。
そんなことを言っても、そもそも残業代も出ないし、どうでもいい、という人もいるかもしれません。

しかし、そういう場合でも、タイムカードで勤怠管理をしている企業であれば、タイムカードを打刻するという行為は、その日確かに働きました、という証拠になるのです。

将来的に、万が一企業が給料を正しくはらわなかった場合、タイムカードに打刻があれば、働いているのに給料が支払われていない、という証拠になりますね。

しかし、タイムカードになんの打刻もなければ、企業側が「働いていないので給料も支払っていません」という主張をした場合、反論するための証拠がなくなってしまうのです。

もちろん残業代がつく場合も同じで、残業をした場合にきちんとタイムカードを押しておけば、実際の支給額がおかしかった時には、証拠としてそのタイムカードを提示することができます。

しかし、本当に悪質な雇用者の場合、タイムカードを故意に破棄してしまうことなどもありますから、不安であったり何かトラブルに巻き込まれそうだな、と思った場合は、あらかじめコピーを取っておくなどすると良いでしょう。
(タイムカードを導入していない会社の場合だと、別の方法できちんと働いていた証拠を残しておきたいですね)

もちろん、そんなことにはならない場合がほとんどですが、世の中なにが起こるかわかりません。
できる自衛はしておくに越したことはないのです。

タイムカードを正しく打刻することは、企業が正しい勤怠管理をして給与を支給するためにも、労働者が正しく自分の労働に対する対価を得るためにも、とても大切なことなんですね。

 

ニュース速報
タイムレコーダー おすすめ
タイムカードもスマホの時代かー。 『GPS Punch』でスマート出退勤&スマート定時連絡