• Home

顧問弁護士がいた方が良い理由

どの企業も出来れば顧問弁護士を置いておいた方が良いと言われています。
顧問弁護士を置いていると見栄えが良いのも事実ですが、それだけではありません。
そのような外面の印象だけではなく、実際に顧問弁護士を置いておいた方がメリットが多々あります。

顧問弁護士を置いておくという事は、企業に法的見地を与えているという事でもあります。
法律はとても難しいものです。
我々の日常生活の中で常識と思っている事も、実は法的見地から見ると実際にはアウト。

そのような事とて珍しくないのです。
企業であればそのような事があっては死活問題になりかねません。
企業にとって、イメージはとても大切です。

弁護士

知らず知らずのうちに法律を破っていたとなればイメージの悪化は免れません。
ですが顧問弁護士がいれば、何がアウトで何がセーフなのかを法的見地からしっかりとレクチャーしてくれるのです。
この点がとても大きなメリットです。

弁護士への相談は大阪の「咲くやこの花法律事務所」[法人様向け]

決して「そうなのではないか」といった仮定ではなく、法的見地に基く意見ですので間違いはありません。
また、顧問弁護士がいれば法律の遵守だけではなく、何かトラブルがあった時にも役立つものです。
会社は一つや二つではありません。

特に同業他社ともなると、いろいろなしがらみが出てきますので、時に骨肉の争いを演じる事になってしまうケースもあるのです。
身に憶えが無い事であるにも関わらず難癖を付けられる。
そのようなケースすらあるのです。

ですが、顧問弁護士がいればそれが「難癖」なのか、あるいは本当に法律に違反している事なのかを理解する事が出来るのです。
つまりは自衛手段の一つにもなってくれるのです。
この点だけでも顧問弁護士を置くメリットがあると言われています。

法律を理解していなければ、難癖に対して屈してしまう可能性もあります。
ですが法律をしっかりと理解しておけば、それが素っ頓狂な難癖なのか、あるいは本当に自分たちのミスなのかが解るのですから。

海外で働くことによる付加価値

・景気上向き?

格差も指摘されており一概には言えないのですが、それでも景気は上向きと言われています。
都内ではアルバイトでも1200円、1300円と高額な求人を目にすることができます。

月150時間を時給1200円で働いたとすると、150×1200=180000円となるわけですから新卒正社員にそれほど引けを取りません。
ただこれほどまでに時給が上がったのに、なかなか人が集まらない所もあるようです。
お金以外の付加価値を求める、そのような労働者が増えてきたということでしょうか?

・労働の付加価値とは

労働の目的は、なんだかんだ言っても一番はお金だと思います。
人はお金無くしては生きていけません。
しかしある程度の水準を満たすと、とりあえず生活をすることはできますよね。

月10万円ちょっとでも単身なら生活可能でしょう。
あまり金銭的な欲がなく、最低限の水準を満たせればいいという場合は、その労働の付加価値で職場を決めることになるのではないでしょうか。
たとえば他よりも仕事が楽、友人ができる、好きな仕事である、スキルが身に付く、やりがいがある・・・。
こういった要素です。

・海外労働の付加価値とは?

求人を見てみると、日本だけではなくカンボジアなど外国の求人も見つかります。
例えばカンボジアの場合、日本のアルバイトよりも給料が安い求人が多いのですが現地の物価なら十分生活が可能です。
そして海外で働くこということは、日本で働くよりも独特の付加価値を見出すことができます。

カンボジアの文化を学べたり、言語が身に付いたり、現地の友人ができたり・・・。
きっとそこで得られる経験は、何物にも変えがたいものとなるでしょう。
グローバル化もあってか、カンボジアなど海外の求人は日増しに増えてるように思います。

お金は生活ができる分あればいい、それ以上にやりがいを見出したい・・・。
そのような方は、海外で働くことを検討してみるのもいいのかもしれませんね。

 

参照:カンボジア人 人材紹介 情報